横浜 看護師転職 新卒

横浜の新卒看護師転職

横浜の新卒看護師転職状況

横浜市の新卒看護師転職状況は、成功しやすい環境にあると考えられます。

 

これは、横浜市では看護師の人口が不足しているためであり、多くの医療機関が新卒看護師を対象にした求人情報を出しているためです。

 

看護師転職サイトを利用して就職活動を行えば、さらに高い確率で横浜市の医療機関に就職することができるでしょう。

 

ただし、同じ新卒でも准看護師の需要は今後減少していく可能性が高いです。

 

横浜市は准看護師の養成課程を終了する旨を明らかにしていますので、新卒看護師転職を成功させるためには准看護師ではなく正看護師の資格取得をおすすめします。

 

新卒看護師とは

新卒看護師とは、大学や養成学校などで専門課程を終了し、卒業した看護師及び准看護師のことです。

 

大学や養成学校における最終年度の3月に在籍している状態が一般的に新卒看護師扱いとされており、すでに卒業したが就職先の病院が決まっていないというケースは新卒看護師扱いではなく、第二新卒扱いとされることが多いと言われています。

 

新卒看護師として横浜市の医療機関に就職するためには、当然のことではありますが看護師もしくは准看護師の資格を取得していなければなりません。

 

看護師や准看護師の資格を取得していない場合、横浜市の医療機関への就職は難しいと考えたほうが良いでしょう。

 

もし在学中に資格を取得できなかった場合は、翌年に再度受験して取得するか、医療業務を行っていない企業、たとえば医療器具の営業などの仕事に就くと良いかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ