横浜 看護師転職 産婦人科

横浜の産婦人科看護師転職

横浜の産婦人科看護師転職状況

横浜の看護師転職

横浜市で産婦人科を開設している病院延数は23、一般診療所延数は114となっています。

 

横浜市の全行政区に産婦人科の一般診療所はありますが、緑区、瀬谷区、南区には婦人科の病院がありません

 

したがって、規模の大きい産婦人科に看護師転職したい場合は、上記の行政区以外で転職活動を行うと良いでしょう。

 

ちなみに、産婦人科は産科と婦人科が合わさった診療科目ですが、横浜市に開設されている産科の病院延数は6、婦人科の病院延数は19、産科の一般診療所延数は13、婦人科の一般診療所延数は72となっています。

 

横浜市にある産婦人科の数は決して少なくありませんので、看護師転職は比較的うまくいきやすいといえるかもしれません。

 

産婦人科とは

産婦人科とは、女性の生殖器に見られる疾患を治療する診療科目です。

 

ただ、近年では女性の身体をトータルでサポートする動きが見られており、更年期障害や出産などにおけるメンタルケアも行っている医療機関が増えてきています

 

産婦人科を専門にしている医療機関は「レディースクリニック」という名称にしていることが多いようです。

 

近年の日本では、産婦人科の医師が不足しており、ひとつの問題となっています。

 

横浜市では看護師の数も不足しているため、今後は医師、看護師ともに人員確保が求められることになるでしょう。

 

ちなみに、個人で開業している産婦人科の多くは出産をメインにしており、婦人科系の疾患があり、外科的な治療が必要だと判断された場合は大きな病院を紹介することもあるようです。



ホーム RSS購読 サイトマップ