横浜 看護師転職 内科

横浜の内科看護師転職

横浜の内科看護師転職状況

横浜の看護師転職

横浜市の内科看護師転職状況は、今後盛んになる可能性があります。

 

なぜなら、近年では内科の重要性が見直されつつあるためです。

 

内科は他の診療科目と比較して専門性が低いといわれていますが、患者の症状などを見極める大切な診療科目と考えられつつあるため、今後は横浜市でも内科の看護師転職求人が増えていくかもしれません。

 

ちなみに、横浜市にある内科の病院延数は119施設、内科の一般診療所延数は1,680施設で、他の横浜市の診療科目と比較しても圧倒的に多い数となっています。

 

横浜市の内科病院に看護師転職するなら鶴見区、旭区、戸塚区が、内科の一般病院に看護師転職するなら鶴見区、神奈川区、港北区、青葉区、旭区、中区、金沢区が特に狙い目となっているようです。

 

内科とは

内科とは、病気や軽度の怪我を治療するための診療科目です。

 

風邪や頭痛、切り傷や擦り傷などは基本的に内科で治療することになりますが、診察の段階で重度の疾患や怪我などが発見された場合は他の診療科目に移されることもあります。

 

たとえば、頭痛で内科を訪れた際に、脳に疾患が発生している疑いがあったとしましょう。

 

脳の疾患は内科で対応できないため、脳神経外科などに治療が移されることになります。

 

つまり、内科は他の診療科目の入口とみて良いでしょう。

 

ちなみに、内科は消化器内科、呼吸器内科、循環器内科、神経内科、血液内科、腎臓内科、内分泌内科などといった専門診療科目に分科しています。



ホーム RSS購読 サイトマップ