横浜 看護師転職 南区

横浜市南区の看護師転職

横浜市南区の看護師転職状況

南区

横浜市南区の看護師転職状況は、高い倍率のなかでの競争が予想されます。

 

その理由のひとつとして挙げられるのが、病院の数と人口密度です。

 

病院の数では横浜市のなかでも少ないほうに入る一方で、人口密度については横浜市で最も高くなっています。

 

つまり、ひとつの求人案件に対してたくさんの看護師が応募する状況になっていますので、南区の看護師転職は容易でないと予想できるのです。

 

ちなみに、横浜市南区の看護師人口は約1390人で、横浜市においては旭区に次ぐ規模、横浜市南部エリアでは最も大規模となっています。

 

横浜市南区にはほとんどの診療科目が開設されていますので、診療科目を優先して転職したいという看護師にとっては転職しやすい地域といえるかもしれません。

 

横浜市南区はこんな区

横浜市南区は、1943年に中区から分離して発足しました。

 

横浜市の行政区のなかでは最も高齢化が進んでいる地域ではありますが、区内の大部分が住宅地となっていることから、今後も人口が増えていきそうです。

 

また、横浜市南区には首都高速道路や横浜横須賀道路が通っていますので、交通の利便性は非常に高いといえるでしょう。

 

ちなみに、横浜市南区の総合庁舎は移転が決まっており、横浜市立大学医学部浦舟校舎跡地に2015年度竣工予定となっています。

 

横浜市南区の推定人口は約195人で神奈川県で第28位、面積は12.67平方キロメートルでワースト6位、人口密度は約15,400人/平方キロメートルで第3位となっていますが、人口密度については横浜市で第1位です。



ホーム RSS購読 サイトマップ