横浜 看護師転職 婦人科

横浜の婦人科看護師転職

横浜の婦人科看護師転職状況

横浜の看護師転職

横浜市での婦人科看護師転職は、あまり簡単ではないようです。

 

その理由として、産科を開設している医療機関が横浜市には非常に少ないということが挙げられます。

 

横浜市で産科を開設している病院数は6、一般診療所数は13で、病院数については小児歯科、矯正歯科、小児外科に次いで少ない数、一般診療所数については小児歯科、矯正歯科、小児外科、歯科口腔外科、呼吸器科、循環器外科、乳腺外科、血液内科、感染症内科に次いで少ない数となっていますので、婦人科の看護師転職求人数自体が少ないといえるでしょう。

 

ちなみに、横浜市の病院で婦人科が開設されていない行政区は神奈川区、青葉区、都筑区、泉区、中区、金沢区、栄区、一般病院で婦人科が開設されていない行政区は瀬谷区、栄区の2区のみとなっています。

 

婦人科とは

婦人科とは、女性特有の疾患を治療している診療科目です。

 

卵巣や卵管、子宮、膣といった器官が女性には存在していますが、これらの疾患については婦人科が対応することになります。

 

さらに、生理不順や更年期障害も女性特有の症状となっていますので、婦人科の治療範囲です。

 

ただし、婦人科では妊娠や出産のサポートは行っていません。

 

妊娠や出産については産科、もしくは産婦人科での対応となります。

 

ストレス社会と言われるようになって久しいですが、ストレスによって病気などを患ってしまう女性が急増しているため、婦人科の役割は大きくなってきているようです。



ホーム RSS購読 サイトマップ